時計

オメガのスピードマスターのリデュースドとは?

オメガのスピードマスターのリデュースドとは?

オメガのスピードマスター リデュースドは、1957年に誕生したスピードマスターの兄弟モデルとして1980年代に登場しました。リデュースドとは、フランス語の「reduit(縮小された)」を意味し、スピードマスターのサイズを小型化してより多くの人々に手に取りやすくしたモデルです。


スピードマスター リデュースドは、通常のスピードマスターよりもケースサイズが40mmと少し小さめになっており、厚さも13mmとスリムに仕上げられています。また、ムーブメントもスピードマスターのCal.1861から、薄型の自動巻きムーブメントであるCal.3210に変更されています。

スピードマスター リデュースドは、スピードマスターのスポーティーなデザインを受け継ぎながらも、より洗練された雰囲気を備えています。そのため、ビジネスシーンやカジュアルシーンなど、あらゆるシーンで活躍するモデルとして人気を集めています。

スピードマスター リデュースドには、様々なバリエーションが存在します。最も人気のあるモデルは、ブラックダイヤルにホワイトインデックスと針を配した「Ref.3539.50.00」です。このモデルは、1995年に発売され、2005年に生産終了となりましたが、現在でも中古市場で人気を集めています。

また、スピードマスター リデュースドには、クロノグラフ機能を搭載したモデルや、金無垢モデルなど、様々なバリエーションが存在します。クロノグラフ機能を搭載したモデルは、スポーツシーンなどで活躍するモデルとして人気を集めています。金無垢モデルは、高級感あふれるモデルとして、フォーマルシーンなどで活躍するモデルとして人気を集めています。

スピードマスター リデュースドは、スピードマスターのスポーティーなデザインと、より洗練された雰囲気を兼ね備えたモデルです。そのため、ビジネスシーンやカジュアルシーンなど、あらゆるシーンで活躍するモデルとして人気を集めています。

0 Comments on “オメガのスピードマスターのリデュースドとは?

  1. オメガ型番8桁は、モデルごとの識別に役立つ重要な情報。自分のお気に入りの型番を見つけるときの参考にしましょう。

  2. イルビゾンテの時計ベルトは、上質な素材とクラフトマンシップが光るアイテム。時計本体とのマッチングで、個性的でおしゃれな印象を演出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です